CentOS6.8にPostgreSQL9.6のインストール

  • LINEで送る

ひさしぶりに更新。。

いろいろあってサーバを初期化、CentOSを6.8にしてPostgreSQLを再インストール!

最新バージョンは「9.6」。技術の進歩は早い。

過去記事を参考にしたが、CentOSのバージョン違いや理解不足もあったので再び記事にしようっと。

CentOS7にPostgreSQL9.4のインストール

 

PostgreSQLをダウンロード&インストール

1.PostgreSQLをダウンロード

[xxx@localhost ~]$ wget http://yum.postgresql.org/9.6/redhat/rhel-6-x86_64/pgdg-centos96-9.6-3.noarch.rpm

2. PostgreSQLをインストール

[xxx@localhost ~]$ sudo rpm -ivh pgdg-centos96-9.6-3.noarch.rpm
[xxx@localhost ~]$ sudo yum -y install postgresql96-server postgresql96-devel postgresql96-contrib

※パッケージの説明
postgresql96-server:サーバ本体
postgresql96-devel:開発用モジュール
postgresql96-contrib:contribモジュール

PostgreSQLの設定

3.データベースを初期化

[xxx@localhost ~]$ sudo su - postgres
$ /usr/pgsql-9.6/bin/initdb --no-locale --encoding=UTF8

4.データベースを起動

[xxx@localhost ~]$ sudo service postgresql-9.6 start

5.自動起動設定

システム起動時にPostgreSQLが自動で起動するようにします。

[xxx@localhost ~]$ sudo chkconfig postgresql-9.6 on

6.postgresユーザのパスワード設定

[xxx@localhost ~]$ sudo passwd postgres

7.環境変数設定

PostgreSQLのコマンドへのパスを設定します。

[xxx@localhost ~]$ sudo su
[root@localhost xxx] cd /var/lib/pgsql/
[root@localhost xxx] vi .bash_profile
※ファイルの末尾に追加
export PATH=$PATH:/usr/pgsql-9.6/bin

以上。
Encoding「UTF8」、ロケール設定なしになっています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA